top of page
スライド
アンカー 2
想いを紡ぎ、想いを綴っていく。リノベーションで叶える、想いに寄り添う家づくり

想いを紡ぎ、
想いを綴っていく。

リノベーションで叶える、想いに寄り添う家づくり

ニュース

2023年12月26日

【12月27日~1月3日】はお休みをいただきます!

2023年12月16日

【ついにAZITOオープン!】TEIKUの新オフィスが誕生しました!

2023年10月25日

15秒のショートにまとめたBA動画!続々公開中!

2023年9月12日

リフォーム現場を知り尽くした設計士だからこそのワンポイントアドバイス!

ニュース
アンカー 1

​施工事例

施工事例

​TEIKU|テイク について

私たちは、建築家の視点で、

「あなたらしさを作っていく」

リノベーションの専門会社です。

​サービス

建築のプロが、不動産探しからリノベーションの設計施工まで

ワンストップでサポートします。

TEIKUについて
リノベとは
不動産探しからリノベーションの施工までワンストップでサポート
​資金計画
​物件探し
​リノベーション
​メンテナンス

《お問い合わせからの流れ》

お問い合わせからの流れ
サービス

​リノpedia

TEIKUがリノベーション専門にこだわる理由

TEIKUはリノベーションを専門としています。
そこには2つ、大きな理由があります。

1. リノベこそが、住む人を幸せにすると思うから。

リノベーションは、新築住宅や建て替えよりも費用を3割程度抑えられることができます。家は家族の暮らしのための一つのステージだと考えており、家だけにお金をかけて欲しくない、その浮いたお金を、旅行でも外食でもいいから、暮らしが豊かになることに使って欲しいと考えております。

2. リノベこそが、環境問題への解決策だと思うから。

リノベーションは建て替えと比べて、環境への負荷が圧倒的に少なく、CO2の排出量を1/3以下、廃棄物の量に至っては1/10以下に抑えることができます。CO2を多く排出する業界だからこそ、環境のためにリノベーションという選択肢を選んでいます。

リノベーションのおすすめポイント

マンションリノベーションをおすすめする理由

■ 物件にかかる費用を抑えられる
条件が同様の新築マンション購入費用と比較して安く済む場合も多いです。

■ 本当にコストをかけたいところに投資できる
結果的に新築と同程度の費用がかかる場合でも、こだわりたいところとコストを抑えたいところのメリハリをつけられます。

■ 候補となる物件が一気に増加することも
中古マンションのリノベーションで、スペック・立地いずれも満足度の高い住まいを手に入れるチャンスが出てきます。

戸建てのリノベーションをおすすめする理由

■ 最新事情にあわせた住まいづくり
内装・外装をすべて解体し骨組みだけにして造り直すため、耐震性・断熱性・気密性など現在・未来を見据えたスペックにできます。

■ 間取りをゼロから作れる
例えば、分譲住宅のようなある程度画一的な間取りの物件でも、リノベーションによって家族の生活にあわせた間取り・内装・設備にできるのが魅力です。

■ 周辺環境のチェック
生活の利便性や地域の治安など、事前に確認したうえでの住まい選びができます。

 

■ その他、おすすめポイント
部屋の目的にあわせて気密性を調整するなど暮らしにあわせた間取り
費用を抑えられる(骨組みも含めて建て替える場合と比較すると、およそ50~70%程度の費用で済むこともある)
間取りや収納はある程度画一的(事前にチェックできるポイントが多い)

リノベーションで費用を抑えながら理想のマイホームを実現!

マイホームの実現に向けて、新築のマンションや戸建てを検討する方は少なくありません。
そんな中、TEIKUでは中古住宅のリノベーションを提案します。日本にはまだ使える中古住宅が少なくありません。
リノベーションを活用すると、二酸化炭素の排出量は新築を建てるより3分の1以下に、廃棄物の量も10分の1以下に抑えられます。
また、トータルの費用も抑えながら理想の住まいを実現できます。

不動産探しからリノベーションの設計施工まで、TEIKUならワンストップでサポート可能です。
中古マンション・戸建てのリノベーション専門会社として、あなたらしさを叶える住まいを提案いたします。
費用を抑えてマイホームを実現したい、今の住宅をフルリノベーションしたいといった方は、お気軽にお問い合わせください。

戸建てをリノベーション!そのメリットと注意点とは?

戸建てを持つ場合は建物だけでなく土地も併せて購入する場合が多く、資産価値という点においてもとても魅力的です。
しかし、希望のエリアで新築戸建ての購入を検討する際、「土地と建物の建築費で予算オーバーしてしまう」といった方も多いのではないでしょうか。
住宅購入は、多くの方にとって一生に一度の買い物ですので、妥協点を見出すのはやはり難しいものです。
そのようなときは、新築住宅だけでなく「中古住宅+リノベーション」という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか?
ここでは、「中古住宅+リノベーション」を選択するメリットと注意点についてご紹介いたします。

戸建てをリノベーションするメリットは?

■ 費用を抑えることができる
中古住宅を購入しリノベーションをする場合、戸建てを新築する場合と比較して、費用を2~3割程度安く抑えることができると言われています。
家自体にかかるコストを抑えることで、家具などこだわりたい部分に費用当てることもできるようになります。

■ 設計デザインの自由度の高さ
戸建てのリノベーションの場合、エントランスや玄関をはじめ、外装・内装・間取りに至るまで手を加えることができるため、理想の暮らし方を形にしやすい点が大きな魅力です。
ただし、構造上動かすことができない柱や梁もありますので、リノベーション会社へ相談しながらすすめましょう。

■ 物件や立地の選択肢が広がる
中古住宅が視野に入ることで、希望エリアにおける選択肢を増やすことができます。
また、中古住宅を購入しリノベーションをする場合、新築と比較しコストを抑えることができるため、選択肢をより広げることができるでしょう。

戸建てリノベーションを検討する際の注意点!

■ 引っ越しまでに期間が必要
建売の新築住宅購入の場合はすぐに引っ越すことができますが、中古住宅のリノベーションの場合は、リノベーションする物件の用意ができてから完工・引渡しまでに、一般的に3~5ケ月程度の期間が必要です。

■ 着工後に瑕疵が見つかることがある
柱や排水管の腐食・シロアリ被害など、外からではわからない物件の瑕疵が着工後に判明することがあります。
これにより見積金額に補修のための追加が発生し、当初の予算を超えてしまう恐れがあります。
不安に思われる方は、建物の調査資格を持つスタッフがいるリノベーション会社に依頼をすることでリスクを抑えることができるでしょう。

戸建てのリノベーションでよくある失敗例とは?後悔しない対策ポイント

失敗例1:予想外の修理・交換で費用がかかってしまった

中古戸建てをリノベーションする際はまだ使えていた設備が、住み始めてから故障し、修理や交換が必要になるケースも少なくありません。
給湯器や換気扇、水まわりなどの設備が古い場合、後から修理や交換で余計な出費が増えてしまうことがあります。

【対策】メンテナンス費用を予算に含める

リノベーションでは交換時期を迎えた設備はなるべく交換し、そのまま使い続ける場合も、修理や交換に備えてメンテナンス費用を確保しておきましょう。

失敗例2:物件の断熱性が低かった

築年数が古い中古戸建ての場合、いざ生活してみると室内の暑さや寒さ、湿気に驚くことがあります。
古い戸建ては、壁や床下に断熱材が使用されていないケースも珍しくありません。断熱性能の高いマンションから引っ越すと、快適性の違いに後悔する方もいます。

【対策】断熱性を重視したリノベーションを行う

物件の断熱性能は目に見えないため見落としやすいですが、必ず状態をチェックして対策を行いましょう。
壁や床に断熱材を加えたり、窓を高い断熱効果を持つペアガラスにすることで、断熱性が高まり快適な住環境になります。

失敗例3:リノベーション費用が足りない

物件選びにこだわって購入費用が膨らんでしまい、リノベーションの段階で予算オーバーになるケースもよくあります。
リノベーションは一軒ごとに施工内容が異なるため、費用相場がわかりにくいのも予算オーバーの要因です。

【対策】物件探し・リノベーションを一つの会社に依頼する

最近では、物件探しからリノベーションまでワンストップで対応する会社が増えています。このような会社で物件探しとリノベーションの計画、資金計画を同時進行させれば、予算オーバーの失敗を回避できます。
TEIKUでは、不動産探しからリノベーションの設計施工までワンストップでサポートしますので、お気軽にご相談ください。

マンションをリノベーション!そのメリットと注意点とは?

近年では新築マンション価格の高騰から中古マンションの求めやすさに注目が集まり、中古マンションを購入してリノベーションするという選択をする方も増えています。
ここでは、「中古マンション+リノベーション」のメリットと注意点について解説いたします。

マンションをリノベーションするメリットは?

■ 物件の流通量が豊富
一般的に中古マンションは、新築マンションや中古住宅と比較して流通量が豊富なため、物件の選択肢が多く、理想的な物件を見つけやすいといえます。
新築や中古住宅を見つけるのが難しい「駅の近く」や「環境がよく人気エリア」といった条件でも、中古マンションであれば選択肢は圧倒的に広がります。

■ 売却時に売りやすい
マンションの資産価値は、新築から20年を過ぎるあたりから下落率が小さくなります。
築年数による価格下落が少ない中古マンションであれば、手放すことになった場合でも、売却した金額でローンの大部分をカバーすることができる可能性が高いといえるでしょう。
また、築年数が同等のマンションであっても、リノベーション済みのマンションの方が需要が高く、売却の際に買手が付きやすくなります。

マンションリノベーションを検討する際の注意点!

■ リノベーションできない部分がある
マンションにおいてリノベーション可能な部分は、自分が所有権を持つ「専用部分」に限られます。
玄関の外側部分や窓・バルコニー・専用庭・廊下などは「共有部分」となり手を加えることができません。
また、マンションの管理規約によっては、室内の工事内容にも制限がかかる場合もありますので、事前に管理規約の確認が必要です。

■ 専有部分の工事でも管理組合の許可が必要
たとえ専有部分の工事であっても、管理組合の許可なく工事を行うことはできません。
リノベーション工事の際には、事前に図面などの必要書類を提出のうえ事前申請を行い、管理組合の承認が下りてからの着工となります。

マンションのリノベーションでよくある失敗例とは?後悔しない対策ポイント

失敗例1:部屋の間取りが変更できない構造だった

壁式構造のマンションは壁で建物を支える構造上、撤去できない耐力壁が多く存在します。
そのため部屋の間取りを変更できず、リノベーションを諦めざるを得なかったというケースがあります。

【対策】購入前に物件の構造・管理規約を確認する

中古マンションの購入前に、物件の構造や管理規約・使用細則をしっかり確認しておくことが重要です。物件を探す段階で、間取り変更の制限が少ない物件を選ぶことをおすすめします。
物件探しからサポートしてくれるリノベーション会社に相談すれば、間取り変更ができない物件を回避できます。
TEIKUは、不動産探しからリノベーションまでワンストップでサポートしますので、安心してご相談ください。

失敗例2:床材をフローリングへ変更できない

中古マンションを購入した後、カーペットや畳からフローリングへ変更できないことを知り、後悔するケースもあります。
マンションでは階下への騒音を避けるため、管理規約でフローリングへの変更を制限している場合があります。

【対策】床材変更の制限・遮音規定を確認する

多くのマンションでは遮音規定が定められていますので、中古マンションを購入する前に確認しておきましょう。
床材変更が許可されていても、使用できるフローリング材の遮音性能が定められている場合があります。

失敗例3:設備・資材を搬入できない

大型の住宅設備や建設資材は、マンションのエレベーターに入らない場合があります。また、古いマンションの中にはエレベーターがない物件や、隔階しかエレベーターが止まらない物件もあります。
いずれも工事に時間がかかるだけでなく、リノベーション費用にも影響します。

【対策】搬入・搬出のしやすさを確認する

リノベーションの前に、設備や資材の搬入・搬出経路、資材搬入時の管理規約のルールを確認しておきましょう。
中古マンションを選ぶ段階で、搬入のしやすさをチェックしておくと安心です。

中古マンション・戸建てのリノベーションならTEIKU

私たちは中古マンション・戸建て物件のリノベーションのみを承るリノベーションの専門家集団です。名古屋市・名東区・守山区、日進市、長久手市などを中心に不動産選びから設計・施工まで対応いたします。
建売住宅・注文住宅は承っていません。

中古リノベーション“専門”の理由

私たちが中古リノベーションにこだわる理由は2つあります。

一つは、中古リノベーションがもっとも満足感の高い住まいを造れるから。
もう一つは、環境に対する私たちの責任を果たせる最善の方法だから。

中古リノベーションの魅力は費用を抑えながらスペックの高い家を実現できることです。例えば、「駅近だけど間取りが不満…」という家を「駅近で今のライフスタイルにぴったり合っている家」にコストパフォーマンスよく変身させることができます。
また、既存の戸建て物件を新築に建て替える場合とリノベーションを比較した場合、CO2排出量・廃棄物排出量ともにリノベーションのほうが圧倒的な負荷軽減につながります。

 

つまり、中古リノベーションはあなたとあなたの家族、さらに未来の地球に住むあなたの孫以降の世代も幸せにできる住まいづくりなのです。

家はあなたとあなたの家族を幸せにするもの

TEIKUが考える住まいとは、あなたらしさ、あなたの家族らしさを表現する空間です。私たちはあなたの住まいにふさわしい家を実現するために、ヒアリング・打ち合わせの時間も1番大事にしています。

ご依頼いただく際は「あなたと家族はどんなことに幸せを感じるのか」をぜひ、詳しくヒアリングさせてください。私たちが培ってきた技術・実績・コミュニティは、あなたとあなたの家族が幸せに過ごせる家を実現するためだけにあります。

もし、中古リノベーションに興味をお持ちいただけましたら、TEIKUまでお問い合わせください。

bottom of page